石材屋さんがスポンサーの落語に行ってみたら

昨日は三遊亭円楽独演会に行ってきたやまちゃんです♪

お世話になっている地元の石材屋さんが創業65周年を迎え、記念のイベントとして開催されたものでした。生でお話を聞いたらどんな感じにのかとても気になったので、お仕事で十勝にいたやまちゃんはご挨拶を終えて、お昼ご飯をインデアンで食べてからすぐに中標津へ戻ってきました٩( ᐛ )و

十勝のインデアンは激混みで、釧路でも流行ってるな〜〜って思ってたのに店内に立って並んでる様子は圧巻でした!!!


なんだか廊下で反省させられてるようにも見えなくもなかったので、初めて店内での並びを体験された方はちょっと照れ臭そうにしていました♡僕もインデアンが好きな気持ちだけは負けていないと思っていたので、スマホをいじりながらこれくらいの並びはインデアンなら普通だろ?みたいな感じで並んでました(笑)

そして円楽さんの独演会ですが、来場されていたのはほとんどの方が高齢者の印象でしたが、若い方もチラホラ♪

そしてブザーが鳴ってお弟子さんから始まり、円楽師匠が登場しただけですごい盛り上がりでした♪

石材屋さんがスポンサーという事もあり、内容はしっかりお墓に関するネタが取り入れられてはいましたが、準備されていたというよりは話しながらアドリブでうまく取り入れてるっていう感じでした!

円楽さんなのでやはりブラックなネタが多かったですが、かなりウケてました♪つかみの前半は若者にも分かりやすいネタで世間話、本編のお話がはじまるとけっこう集中して聞かないと、油断してたら『え?なんでみんなここで笑ってるの?』みたいな感じになります(笑)

落語って想像力を働かせるし、いろいろな事を知ってないと何が面白いのか気づけない要素もあって、聞くだけでも結構体力つかうな〜〜っていう印象を受けました。

『落語がどういうものかを知ってもらうのにあえて少し頭の中にはてなマークが残るようなお話をしてみます』

って円楽さんが話してましたが、少しでもぼーっとしてるとホントにはてなマークだらけになります!

テンポについていきながらもしっかりイメージするのは大変ですが、それも落語の醍醐味なのかな〜とも感じました♪

結果のところ…

落語ってむずかしい!!!

この下にいいね!ボタンが付きました!!!

少し小さくなって押しにくくなりましたがここまで読んで頂いた方は押してくれると嬉しいです♡