Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/yamakawa-ltd/www/blog/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
現代の若きバカものでした

現代の若きバカものでした

ブログ塾の塾長がオススメしてくれた百田尚樹の【大放言】を読んでみたやまちゃんです♪

もともと百田尚樹はテレビで見てて気持ちの良いおじさんだな〜って思ってたので、その日に注文してみました♪(しばらく前の話ですが)

目次の中には【ブログで食べたものを書くバカ】というテーマもあり、しょうもない身辺雑記が世界中に発信されている!と書いてあります♪

あ、これ僕のことだ!笑

とにかく毎日書きなさいと言っている塾長がオススメしているからにはブログはいいものだよというお話にたどり着くのかと思ったら

(一部抜粋)

「今日はこんな映画を見ました。悲しかったです。泣いてしまいました」

「アルバイトの面接に行きました。面接官のおじさんが怖かったです」

こんなブログの山がインターネット上を席巻している。

これははたして書くべき内容なのか。

タレントでも有名人でもないあなたの日々の食事に関心を持っている人が世の中にどれほどいるのだろうか。

いったい世の中の誰があなたの昼間のデザートの中身を知りたいと思ってあなたのブログを覗くのだ?

おそらく母親でさえ興味はないだろう。

3日もすればネタ切れになって書くことはなくなり、自分の人生は思っていたほど劇的で面白いものではないという事に気づく衝撃の瞬間とも書いてあります(笑)

そこでは始めた頃の何かを主張したいという目的を失いただひたすらブログを毎日アップするという目的に変わっていくというのですが…

まさにその通りです!!!

でも、やまちゃんもかなりしょうもない身辺雑記を日々綴っていますが、改めるつもりはありません(笑)

読んでいてここのテーマの内容から感じたのは膨大なしょうもないブログが山のようにあるというインターネット、SNSの影響力がそれだけハンパないよ!という事なのではと思いました。

そして自分が書いているのはしょうもない身辺雑記なんだよ。と客観的に見る事も必要で、だからこそ毎日見てくれている人たちに少しでも楽しんでもらえるようにっていう思いで続けていくのが大切なんだろうと勝手に解釈しました(笑)

塾長がオススメしてたのはブログについて書かれているからというだけではないとは思います。本全体も刺激的なテーマが多くて楽しく読めたので、ネタ切れに困った時には少しづつ紹介していこうと思います(笑)

塾長、ありがとうございま〜す٩( ᐛ )و