プラモデルに塩と小麦粉って

函館の博物館で売ってた駄菓子屋のプラモデル♪

リサイエの事務所に飾ったらいいかな〜って買ってきたら、お義父さんがそういうの好きだからって聞いたので、もしよかったら暇つぶしにどうぞ的な軽めのノリでお願いしてから約1ヶ月…

パーツが細かすぎたり、

必要なものが多すぎたりして、

ちょっと申し訳ない気持ちになりそうになりながらも、

ついに完成したと嬉しそうにお義父さんが見せてくれました!!!

看板もわざと汚して雰囲気を出してたり

照明もかわいい

そして謎だった塩と小麦粉の使い道

この砂利っぽい感じがまたカワイイ

取説を見るととにかく指示が細かい(笑)

作業に苦労したのが伝わってくるくらいしわしわに(涙)

いつもは船で魚をとってる大きな手で、小さな駄菓子屋さんを作ってくれていたのかと思うと感動しました♡

リサイエにしっかり飾っておきますのでもし遊びに来られた方は楽しみにしてて下さいね♪

もしかしたらラインナップが増えてるかも…

あ…、嫁と同封されていたチラシを見つけてしまったのはお義父さんにはナイショにしています(笑)